指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

10年以上ひざ痛に悩まされていた人、これをやることによって痛みがなくなった!その方法とは?

健康・美容

10年以上ひざ痛に悩まされていた人、これをやることによって痛みがなくなった!その方法とは?
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

私自身、最近加齢と共に昔は陸上部で鍛えてきた頑丈と思っていた体もあちこちと故障をしだしました。若い間は問題なかった体も加齢とともに油をささないと悲鳴を上げてくるのですね。


そのうちの一つに最近痛み出した膝、しばらくほっておいたら治るだろう、と思っていたのが間違い。こう言う年齢になるとやっぱり手入れをしてあげて、なおかつ油をさしてあげないとダメなんですね。その結果 ようやく治ることができまいした。

そこで、その治った方法、手入れをしてあげて、なおかつ油をさしてあげたた方法を皆さんに紹介しましょう。是非試してください。

まずやったことは膝の痛みは何が原因なのかをインターネットで調べてみました。そうしたら思いもかけないほど簡単に治る方法があるというので早速試してみました。

ところで、膝の痛みはどこからくるかご存知ですか?多くの人は膝の痛みは膝の骨の軟骨部分が磨り減って骨同士が当たることで痛みが出る、と思っていませんか?

もちろん、軟骨が十分な厚みがあることに越したことはありませんね。

でも、最近N局で放映された「膝の痛み解消方法」では、それが驚く結果が出たのですよ。

まずはその動画をご覧ください。

軟骨のすり減り度

軟骨のすり減り度 出典:膝痛解消法! これによるとすり減り度が重度ともなると完全に軟骨が押し潰されて骨同士が接触していますね。こうなると膝を曲げるとゴリゴリとスムーズさがなくなります。且つ、さぞかし痛いのでしょう。 ところが、実際には重度の人でも痛みを感じていない人がいることが分かったのです。それじゃどこでその痛みを感じるかを検証してみましょう。 人間の体内で痛みを感じるのは神経です。痛みを感じる神経を刺激するだけ痛み信号を脳に伝達し、脳は痛いと人間に感じさせるのです。 膝の間接部分で痛みを感じるところはどこでしょうか? それじゃ次の写真をみてください。
まず、膝の構造から勉強していきましょう。

膝の構造

膝の構造.jpg 出典:同上

膝を曲げるとまず膝のお皿が見えますね。そして太ももの骨と足の骨の間には軟骨があります。そしてそれら二つの骨を繋いでいる靭帯です。さて、この構造の中で痛みを感じる神経はちょうどこの膝の関節を包み込んでいる部分ですね。

膝の痛み神経

膝の構造.jpg
出典:同上 この痛感神経が存在するところは膝の「関節包」と云う部分です。それじゃ、この膝の痛覚神経は実際にどのような形で存在するのでしょう。まず貴方の膝を触ってみてください。最初に触るのは膝のお皿ですね。

膝の痛みを感じる関節包

膝の構造.jpg 出典:同上 この関節包が柔軟であれば問題がないのですが、これが加齢とともに柔軟性がなくなり硬くなってくると痛みを感じるのですね。それじゃ、痛みの原因をまとめてみましょう。 ひざ痛の原因:骨ではなく間接包などの周囲の組織が痛みの原因であることが多い。 (要注意として、この原因が全てではないことにご留意ください。) ひざ痛の犯人は? 結局、分かったことはひざ痛の犯人は、関節包でした。この関節包が硬くなることで痛みを感じるのです。

硬くなった関節包

膝の構造.jpg 出典:同上 間接包が硬くなる理由、それは1:加齢、2:軟骨のすり減り
軟骨がすり減ると炎症が起こり、関節包が硬くなります。 一旦、硬くなった間接法を柔らかくすることはできるのでしょうか? これが肝心ですよね。答は? 「はい」できます! それではひざ痛の解決方法を説明しましょう。 その方法には二つあります。 まず、硬くなった間接包をほぐしてあげる方法です。 そして次の解決方法は、これが根本的な解決方法なのですが、すり減った軟骨を回復させてあげる方法です。

[痛み解消方法1:膝の間接包を柔らかくする]

痛みが出てきて長い間放置をしないで、短時間でそれに対峙すれば可能です。 それじゃどのような対策を立てるのでしょうか?それは・・・ 「ひざ伸ばし」 膝を伸ばした状態で太ももの前側に繰り返し力を入れる。 「大腿四頭筋のセッティング」と呼ばれている運動です。

”しつこいひざ痛よさらば:ひざ伸ばしのやり方”

太ももの前側の筋肉に5秒間力を入れる・縮めるを繰り返す。 ・5秒間太ももに力を入れるのを10回繰り返して1セット ・1日2〜3セットを目安に続ける そのほかにスクワットを加えることでも効果が出ます。私はこれも取り入れて運動をやっています。

[痛み解消方法2:すり減った軟骨を元気にしてあげる]

関節包を柔らかくするために、上記色々と運動をすることを勧めてきましたが、もちろんその運動は絶対に不可欠です。それに加えてすり減った軟骨を元気にしてあげることができればこれが一番ですよね。 それではもう少し詳しく膝の構造を見てみましょう。軟骨とその軟骨を包んでいる関節包との間には潤滑液が必要です。関節包が硬くなるとその潤滑液も枯れてくるのですね。だから、今度は潤滑油を補給してあげる手段が必要になっています。この一連の作用を補ってくれるものがあれば根本的な解決方法だと思いました。そしてそれは何かと考えたところ軟骨を強化する方法としてコラーゲンを試すことだと思ったのです。そこでそれを試すことにしました。 コラーゲンは加齢と共に減少、40歳を過ぎると20歳の半分、そして60歳を過ぎると1/3にまで減少することがわかっています。だから膝の軟骨を回復させるためにもこのコラーゲンの補給が急務になってきていたのですね。そしてこれをトライすることで回復したのですよ。 是非皆さんも試してみてはいかがでしょうか? コラーゲン.jpg

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

カテゴリー

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?